読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるポケモントレーナーのブログ

ポケモンのレートや大会で使用した構築記事や育成案が中心

シングルレートシーズン4使用構築 レート2200&最終ランキング3位達成 エンテイスタン

今回はサブROMにて使用したエンテイスタンを晒したいと思います。

エンテイスタンを作った理由としては私がエンテイが欲しい言ったところ、アラタ氏からエンテイを活躍させてくださいと託されたのでエンテイを主軸に置いて結果を残すためです。

快くエンテイを提供してくださったアラタ氏には頭が上がりません。

この場をお借りしてお礼申し上げます。

このPTの最高レートは2215で50戦以内レート2000達成(達成時の戦績は42勝7敗)もしています。

まずはメンツから紹介したいと思います。

f:id:mumei_pk:20140424105458g:plainf:id:mumei_pk:20140715193954g:plainf:id:mumei_pk:20140715194711g:plainf:id:mumei_pk:20140715194740g:plainf:id:mumei_pk:20140715194845g:plainf:id:mumei_pk:20140424110922g:plain

主軸にエンテイを置くのでエンテイから組み始めています。

エンテイが辛いバンギ,ガブを見るために霊獣ランドを採用。

グライやカバ,マリ,ヤドなども辛いのでそいつらに強いゲンガーを採用。

それだけではバンギ,ガブ,グライにまだ薄いのでサナを採用。

ここまで組むとギャラやミトム,スイクンなどが重いのでナットを採用。

ナットを入れることによって炎タイプ(特にドラン,馬車)が重いのと対受けルがメガゲンだけでは不十分なのでスイクンを採用して完成しました。

それでは各ポケモンについて触れていきたいと思います。

 

霊獣ランドロス(意地っ張り)@拘りスカーフ 特性:威嚇

技構成:地震,ストーンエッジ,蜻蛉帰り,叩き落す

実数値:175-204-113-×-101-141

配分:H84,A164,B20,D4,S236

H:天候ダメ意識(16n-1)

A:余り

B:補正無しA252ガブリアスの逆鱗威嚇込み2耐え(41.7%~49.7%)

D:余り

S:準速スカーフドリュ抜き

タブンネメガクチの時に使ってた霊獣ランドと変更点は全くありません。

バンガブやメガルカ,その他スカーフで上から叩いて潰しに行ったり、威嚇蜻蛉でサイクル回したりと今回も色々と活躍しました。

選出率も非常に高く、先発に置くことが多かったです。

叩き落とすは上からラティ潰したり襷削ったゲンガーやヘドゲンを潰したり出来るので非常に便利です。

時には捨て覚悟で輝石を落としに行く場面もありました。

 

ナットレイ(慎重)@ゴツゴツメット 特性:鉄の棘

技構成:パワーウィップ,アイアンヘッド,宿り木の種,電磁波

実数値:181-115-162-×-168-45

配分:H252,A4,B84,D132,S36

H:ブッパ

A:余り

B:補正無しA252テラキのインファ確定耐え( 83.9%~99.4%)

D:補正有りC252メガガルーラの親子愛放射確定耐え

(55.2%~66.2%,26.5%~33.1%)

S:電磁波込み最速110族抜き

スイクンやギャラ、メガガルーラを見るために採用しました。

技構成は種ガンだと火力が足らず不安定だと思ったのでウィップ,フェアリーに打てたり麻痺るみさせれるアイヘ,サイクルを有利に回せる宿り木,Sを奪ってサイクルを有利に回すこととメガゲンの祟り目を最大限活かすために電磁波を採用しています。

守る搭載しなかったのでナットを回復させにくいこと、対メガガルやギャラ、マリに不安があったのでゴツメを持たしました。

仮想的に投げて接触技打ってくれる度に鉄の棘+ゴツメを与えられるのでエンテイの神速圏内に入れやすくなったり行動を制限させれたり出来たので持ち物に関しては正解でした。

時には馬車に対してフレドラ読んでゴツメナット後投げしてごっそり持って行ってもらい、エンテイの神速で縛りに行くプレイングもします。

配分に関してはD調整が役に立った試しがなかったのでDを削り、Sを電磁波込みでスカバン抜きorゲッコウガ抜きまで振るのと余裕があればBも上げるともっと使いやすくなりそうです。

 

ゲンガー(臆病)@ゲンガナイト

メガ進化前の特性:浮遊 メガ進化後の特性:影踏み

技構成:ヘドロ爆弾,祟り目,鬼火,道連れ

実数値:135-×-90-173-95-178

メガ進化後:135-×-110-213-115-200

配分:B76,C180,S252

B:メガ時、無補正A252ガブリアス逆鱗確定耐え(82.9%~98.5%)

C:余り

S:ブッパ

グライやマリに対して強いのとサイクルカット出来るのが魅力的だと感じたので採用。

実際には選出率が断トツで低く、5%ぐらいしかなかったですが出せれば強かったです。

技構成はフェアリーに打てるヘドロ爆弾,聖なる炎,熱湯,電磁波,鬼火,ヘド爆と状態異常にさせれる技が多いこと、グライをワンキル出来ることを評価して祟り目を採用。

物理ATを機能停止にさせれる鬼火,強引に連れてける便利な道連れを採用しました。

身代わりがないので状態異常技には注意しないといけないです。

 

サーナイト(臆病)@サーナイトナイト ※めざ地個体

メガ進化前の特性:トレース メガ進化後の特性:フェアリースキン

技構成:ハイパーボイス,サイコショック,めざめるパワー地面,身代わり

実数値:144-×-86-176-135-145

メガ進化後:144-×-86-216-155-167

配分:H4,B4,C248,S252

グライに身代わり張られても貫通できる便利なポケモン

臆病最速メガサナは非常に個体数が少ないので読まれにくかったです。

臆病最速にした理由としては炎技+毒or鬼火,残りまもみがのドランを後投げから起点にするためです。

もらい火トレースしてメガしないで上から身代わりすることにより上記の構成のドランはカモれます。

また、クレッフィに対しても悪戯心利用して上から身代わり張って起点にして行きます。

副産物として上からメガガルやメガリザを殴れる可能性が出来たりするのでそこも見逃せなかったです。

Sが速いサーナイトは本当に強かったです。

 

 エンテイ(意地っ張り)@突撃チョッキ 特性:プレッシャー

技構成:聖なる炎,ストーンエッジ,神速,地ならし

実数値:207-173-113-×-98-135

配分:H132,A180,B60,D20,S116

H:16n-1(天候ダメ12)

A:余り

B:補正有りA252メガルカの適応力インファ確定耐え( 83%~98.5%)

D:補正有りC252メガルカの悪巧み適応力波動弾確定耐え(84%~99.5%)

S:最速70族抜き

HBD:補正有りガルドのC252シャドボ×2+補正無しA4振り影打ち確定耐え

(33.3%~39.6% ダメージ69~82,16.4%~20.2% ダメージ34~42)

PTの主役、キングこと唯一神

選出率はランドサナと肩を並べるほど高かったです。

聖なる炎の追加効果は非常に強力で助けられた場面が何度もありました。

技構成はこれ以外あり得ないと思います。

配分はガルドを意識した形にしつつ最低限のSを確保しました。

ガルド意識なのでメガルカの調整はこれぐらいは耐えるんですよ程度に留めといてください。

補正有りメガルカの個体はいないと思いますので。

メガルカに対してもステロ撒かれていなくて対面なら普通に勝てます。

ガルドが聖なる炎1発で落ちないのが難点ですが少し削ればいいので上手く立ち回りましょう。

チョッキ持たせることによりボルトやゲンガー,リザYを始めとした特殊ATに対する後出しを容易にさせれます。 

クラウンエンテイある方は是非、使って見てはいかがでしょうか?


スイクン(呑気)@カゴの実 特性:プレッシャー

技構成:熱湯,絶対零度,吠える,眠る

実数値:207-×-171-110-135-105

配分:H252,B164,S92

H:ブッパ

B:余り

S:準速ラッキー抜き抜き抜き

こちらもタブンネメガクチの時に使用してたスイクンと変わりありません。

このPTに置ける受けルやクレセドラン,ニャオバシャガルーラに対する回答枠。

ポリ2に対しても投げて行きます。

吠えるは積みの起点防止に非常に役立ちますし身代わりごと流せるので零度も打ちやすくなります。

選出率は低めでしたが出したら活躍する偉いポケモン

このPTの基本選出はランドサナエンテイです。

この選出が大半でした。

対受けルにはサナゲンスイクンorサナかゲンの枠にランドを選出していました。

ミトムガルドorマリガルドの並びがしんどいのがこのPTの弱点でしたが安定感はかなりあったので非常に使いやすかったです。

唯一神と馬鹿にされてたエンテイですがポテンシャルは非常に高く、強いので使用者が増えて自分のより完成度の高い構築が出来ることを期待して終わりにしたいと思います。

参考になったかは分かりませんが最後まで見て頂きありがとうございました!