読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるポケモントレーナーのブログ

ポケモンのレートや大会で使用した構築記事や育成案が中心

【ΩRαS】シーズン12使用構築 過去作解禁版害悪積みサイクル

今期は過去作ありのルールだったので過去作解禁されたら使おうと前々から考えていたポケモンを投入して微調整した物になります。
構築完成経緯は害悪構築の基盤であり安定性もあるボルトメタモンゴーリを軸にしてメガ枠として抜きエースだったり起点作成役としても使えるメガガルを投入。
クレセドランや受けル,ヤミラミ,マンムー,ハッサム(申し訳程度ですが)などに対する駒として零度スイクン
武神やポイヒガッサ、龍の一貫性を切ったりするためにピクシーを投入して下記の形になりました。
最高レートは2166と微妙なレートですがこの構築で3ROM2100には乗せれたのである程度安定性はあると思います。
f:id:mumei_pk:20151117052329p:image
f:id:mumei_pk:20151117134354j:image
以下、個別解説。
ボルトロス(穏やか)@お盆の実 特性:悪戯心
技構成:10万ボルト,威張る,電磁波,身代わり
実数値:185-×‐90‐148‐139‐135 
個体値30‐×‐31‐31‐31‐31
配分:H248,C20,D212,S28
H:4n+1(お盆回復量46)
C:余り
D:控え目特化リザYの晴れ文字確定耐え(84.3%~99.4%)
S:最速70属抜き
いつものいばみがボルトです。
ただ今期は威張るボルトミラーの大量発生や耐久ボルトでもSに振るのが多かったのでSラインを135ではなく137or138にしてミラーを強く意識するべきだったと感じました。

メタモン(生意気)@気合の襷 特性:変わり者 ※めざ岩個体
技構成:変身
実数値:155‐96‐53‐×‐60‐54
配分:H252,A252,D4
H:ブッパ
A:余り
D:B<D(DL対策)
いばみがボルトのお供としてメタモン
特に特筆すべき点はないですがボルトから繋ぐメタモンは強いです。

オニゴーリ(臆病)@食べ残し 特性:ムラっけ
技構成:氷の息吹,絶対零度,身代わり,守る
実数値:177‐×‐100‐100‐111‐145
配分:H172,D84,S252
H:16n+1(身代わり44,残飯回復量11)
D:余り
S:ブッパ
こちらもいつものオニゴーリ
息吹はCダウンや相手の能力上昇を気にせず打てるのが強みですが今期はフリドラ欲しい場面があったりなかったりと言った感じでした。
身代わり持ちの増加(特に最速身代わり身代わりスイクン)により今期は前より動かしにくかったと感じましたが起点なしラス1状態から3タテしたりと相変わらずの強さでした。
強いゴーリ使いは能力上昇まで操れます。(そんなこと出来ない)

ピクシー(図太い)@アッキの実 特性:天然
技構成:ムーンフォース,瞑想,小さくなる,眠る
実数値:202-×‐135‐115‐110‐83
配分:H252,B236,S20
H:ブッパ
B:余り
S:4振り61族抜き
補完枠での採用。
害悪を仕掛ける一般的なピクシーです。
攻撃技をムンフォにしたのは悪に通らなくなるためレパガッサメタに対して出せなくなったりするので無効がないムンフォを採用しました。
眠るは毒で見ようとしてくるのが何人かいたので甘えた対策を分からせるための状態異常対策兼回復としての採用です。
TODに弱いので選出はそこまで考えやる必要がありましたが詰ませ性能はそれなりに高かったです。

ガルーラ(陽気)@ガルーラナイト
メガ進化前特性:肝っ玉 メガ進化後特性:親子愛
技構成:のしかかり,地震,岩雪崩,グロウパンチ
実数値:181‐147‐100‐×‐100‐156
メガ進化後の実数値:181‐177‐120‐×‐120‐167
配分:H4,A252,S252
起点作成役兼抜きエース。
秘密の力と違いのしかかりは子供も麻痺判定が出るので51%で麻痺らせる技なので聖炎を打つ感覚に近い技です。
のしかかりで麻痺らしてあわよくば痺れてくれたら次は雪崩で51%の怯み+痺れと言った凶悪なコンボも出来ます。
威張るボルトの起点作成からグロパンするといった感じでグロパンを採用。
グロ雪崩で受けルを破壊するためのグロパン採用でもあったりします。
後、のしかかりは小さくなるに必中+ダメージ2倍と言ったオマケまで付いてるので小さくなるを所持してるラッキーやピクシーに対して非常に強かったりしますがこちらは副産物と言ったところです。

スイクン(呑気)@カゴの実 特性:プレッシャー
技構成:熱湯,絶対零度,吠える,眠る
実数値:207-×-171-110-135-105
配分:H252,B164,S92
H:ブッパ
B:余り
S:準速ラッキー抜き抜き抜き
昔から愛用してるいつもの零度スイクン
受けル系統をより確実に処理するためや上記5体だとドランやマンムーに対して弱かったので採用しました。
身代わりスイクンが多かったことから吠えるが役に立つ場面は非常に多かったです。
スイクンを選出する時はガルスイクン@1みたいな選出の形になっていました。
過去作禁止害悪積みサイクルからの変更点としてはガルの秘密→のしかかり @1の補完枠に零度スイクン パルoutピクシーinの3点でしたが一番最初の害悪積みサイクルと似た形に仕上がったと感じました。(一番最初のはボルトメタモンゴーリスターミーパルガル)
次に害悪構築を使う時はまた少し改良して結果を残せればと思います。
後、この構築を11月1日にあった明星大学の学祭で使用して準優勝したので選出の仕方や立ち回りについてはそちらの記事で後日プチオフレポみたいな形と合わせて書く予定です。
以上でS12使用構築記事を終わりにしたいと思います。
最後まで見て頂きありがとうございました!