読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるポケモントレーナーのブログ

ポケモンのレートや大会で使用した構築記事や育成案が中心

スペシャルレートシーズン5使用構築 バンガブスタン

シーズン5でもスペシャルレートを軽くやっており持ち物なし6VS6と言うことで今までのスペシャルレートの中でも需要はあると感じたので使用した構築を晒そうと思いました。(カロスダブルが一番需要あったように感じますがその当時はブログ及びカロスダブルをやってなかったので)

この構築の最高レートは1826(最終戦績)で30勝2敗(内1回は回線切れによる負け)勝率93.7%でした。 最終順位は46位です。

HGSS時代に持ち物あり6VS6をやっていて面白かったので今回は持ち物なしですがせっかくなのでやってみたいと思いBOXの中にあったポケモン達を寄せ集めて3分で決めた構築です。

なので調整などは全く意識せず最低限の相性補完だけで組んでいます。

以下、メンツと配分などを。

TyranitarGarchompVenusaurDragoniteFemale ScizorVaporeon

バンギラス(陽気)@無し 特性:砂起こし

技構成:ストーンエッジ,冷凍パンチ,けたぐり,竜の舞

実数値:175‐186‐131‐×‐120‐124

配分:A252,B4,S252

5世代の頃に使ってた竜舞バンギをそのまま輸送してBOXに眠っていた個体。

6VS6環境は受けルが非常に多いと思ったためある程度崩しに行ける竜舞バンギを採用。

持ち物が持てないルールなため種族値が高いことも評価。

技構成も流用個体なので全く変えていません。

けたぐりは噛み砕か地震の方がよかったと思います。

悪タイプな癖してガルドに全く有効打なくて抜きにかかるまでに困ったことが何度もありました。

受けループを何度も崩してくれたので竜舞バンギの採用は正解だったと感じています。

耐久が脆いため、死に出しで上手く起点見つけてそのままタテるか後続がタテられる状況を作ることを意識して使っていました。

 

ガブリアス(無邪気)@無し 特性:鮫肌

技構成:逆鱗,地震,大文字,ステルスロック

実数値:183‐182‐116‐100‐94‐169

配分:A252,B4,S252

大正義ガブリアス

絶妙な種族値配分、高種族値であり、電気の一貫性を止めれつつステロを撒けるのでので採用。

技構成は負荷を掛けれる逆鱗,地震は確定、サイクルで有利になれたり抜くための補助になるステロ ムドーやハッサムなどが嫌だったので文字を採用しました。

文字でムドーを2発で落とすために無邪気個体で採用しました。

初手にムドーがよく飛んできたので文字で半分入れてから慌てて引いてくるところにステロ押してムドーを半分削りつつステロを撒いて後続が抜きやすい体勢を作ってくれることが多かったです。

ちなみにこいつもBOXに眠っていたやつです。

 

フシギバナ(穏やか)@無し 特性:新緑

技構成:ヘドロ爆弾,宿り木の種,眠り粉,光合成

実数値:187‐×‐103‐120‐165‐103

配分:H252,D236,S20

S:準速ラッキー抜き

受けループに入れてた個体をそのまま流用しています。

バンガブで組むとガッサが面倒なのとミトムに対して繰り出すために採用。

メインウェポンのヘド爆,サイクル上有利になれる宿り木と粉,リカバリーが欲しかったので光合成を採用しました。

宿り木で相手のサイクルをじわじわ削りつつこちらのサイクル保てるのは強かったです。

受けル使ってた時からのお気に入りのバナ。

 

カイリュー(陽気)@無し 特性:マルチスケイル

技構成:逆鱗,地震,神速,竜の舞

実数値:167‐186‐115‐×‐120‐145

配分:H4,A252,S252

抜き要員その2。

もう1枚のエースが欲しかったのと種族値が高く、扱いやすいと言う単純な理由から採用。

5世代の時に対面構築で使用していた流用個体。

技構成,配分などは特に言うことはないと思います。

強いて言うならガルドのキンシを嫌って炎Pじゃなくて地震を採用しているぐらいでしょうか。

このPTで重いムドーやナット,ハッサムを強く意識するなら炎Pの方がよかったと思いますがそれ以上にガルドが重いと判断したので地震にしました。

終盤まで大切に扱って舞って抜いたり舞うのが無理だと判断したら削り役に回ったりと万能でした。

 

ハッサム(意地っ張り)@無し 特性:テクニシャン

技構成:蜻蛉返り,馬鹿力,バレットパンチ,寝言

実数値:177‐198‐120‐×‐103‐85

配分:H252,A236,D20

鉢巻きハッサムの流用個体。

技構成もそのままになってます。(寝言ある時点でお察しですよね)

ニンフィアなどのフェアリーが上記4体だと重いのと龍の一貫性を消すために採用しました。

寝言枠は羽休めの方が絶対によかったと思います。

使う機会が1度もなかったですし。

蜻蛉で常に有利サイクル回したり終盤にバレットで抜き去ったりと優秀なポケモンでした。

馬鹿力はハピやナットに打つ機会が多かったので採用は正解でした。

 

シャワーズ(図太い)@無し 特性:貯水

技構成:熱湯,冷凍ビーム,願い事,守る

実数値:237‐×‐123‐130‐115‐86

配分:H252,B252,S4

ローテで使用していた流用個体。

6VS6だとサイクル戦になるので願い事シャワは強いと思い採用。

水の一貫性を消したり月光,マンムー,ガブなどに強いのも評価出来ます。

願い事してカイリュー投げて攻撃受けつつ回復させてマルスケ復活なども出来ることが非常に大きいと感じました。

サイクル戦は得意なので適当に回して抜くところだけを間違えなければ勝てたので楽しかったですが1試合が長かったです。

シーズン後半は全くマッチングしなかったので32戦と少ない対戦回数ですが終了することにしました。

6VS6はもっとやりたかったですね。

今シーズンのスペシャルレート戦績の証拠画像を残しといて終わりにしたいと思います。

最後まで見て頂きありがとうございました!

f:id:mumei_pk:20140912200549j:plain 

 f:id:mumei_pk:20140912200601j:plain

※追記 2014年9月12日20時30分に訂正

フォロワーさんの指摘がありバンギラスのS実数値に誤りがあるのに気付きました。

大変申し訳ありません。

S実数値134→124に訂正致しました