読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるポケモントレーナーのブログ

ポケモンのレートや大会で使用した構築記事や育成案が中心

【ΩRαS】シーズン16使用構築 レート2200達成 害悪積みサイクルFinal

今期はとある実験のためにもう一つ隠しROMを準備して前に使用していた構築をそのまま使用しました。

同じPT、同じ型で違う国籍及び出身地、よくあるようなTNを使用して本人だとバレないか、マッチング者の反応がどんな感じかを見てみたかったので北米2DSにて北米ROMを使用して実験を行いました。

内緒TN2つ目は昔の英語の教科書(NEWHORIZON)の最初に出てきたアメリカニューヨーク出身(大嘘)のMikéでした。

当たりました方々、対戦ありがとうございました。

実験結果ですがバレてた人もいましたが意外にバレてなかった方が多く、色んな反応が見れたので違う角度で楽しみながらレートが出来ました。

前置きはここら辺にしといて今期使用構築はこちらでした。

f:id:mumei_pk:20160721173658p:image

f:id:mumei_pk:20160721173721j:imagef:id:mumei_pk:20160721182345j:image

以下個別解説。

ボルトロス(穏やか)@お盆の実 特性:悪戯心
技構成:10万ボルト,威張る,電磁波,身代わり
実数値:185-×‐90‐148‐139‐135
個体値30‐×‐31‐31‐31‐31
配分:H248,C20,D212,S28
H:4n+1(お盆回復量46)
C:余り
D:控え目特化リザYの晴れ文字確定耐え(84.3%~99.4%)
S:最速70属抜き
最近の耐久ボルトはSラインのいたちごっこであり速めの毒ボルトの基本Sラインは138であるため身代わりを仕込む場合、Sラインを139以上に引き伸ばすと有利に展開出来るのと同時にそれ以外の耐久ボルトも軒並み抜けるのでSを割くなら139以上のラインがオススメだと感じました。

毒ボルトはボルトメタモンゴーリ選出してた場合、非常に辛いポケモンであるためSを速くして身代わりを貼りつつ毒を透かしてアドを取りに行くのは一考の余地があります。
後、カバ展開が非常に辛いので身代わりの枠を結び、よく初手に出て来る霊獣ボルトとかに打点が確保出来たりするイカサマも一考の余地ありです。

 

メタモン(生意気)@気合の襷 特性:変わり者 ※めざ岩個体 懐き度MAX(恩返しを意識)
技構成:変身
実数値:155‐96‐53‐×‐60‐54
配分:H252,A252,D4
H:ブッパ
A:余り
D:B<D(DL対策)
ボルトの威張るからの展開やヤミラミで強制的に積ませた後にパクって全抜き狙うポケモン
選出率は90%〜95%ほどある隠れた裏エース。

 

オニゴーリ(臆病)@食べ残し 特性:ムラっけ
技構成:氷の息吹,絶対零度,身代わり,守る
実数値:177‐×‐100‐100‐111‐145
配分:H172,D84,S252
H:16n+1(身代わり44,残飯回復量11)
D:余り
S:ブッパ

害悪パのエース。
色んな場面から逆転が狙える最凶のポケモン

今期も驚異の自覚を見せてくれました。
ボルトの電磁波威張るから繋げたり、ヤミラミで物理ATに鬼火入れてから繋げたり、ガルーラの秘密で麻痺入れたりS遅い耐久ポケモン誘って処理してもらってから起点にするなど様々な方法で起点を作ってもらい出して嵌めるのが基本戦術です。

 

ピクシー(図太い)@アッキの実 特性:天然
技構成:ムーンフォース,瞑想,小さくなる,眠る
実数値:202-×‐135‐115‐110‐83
配分:H252,B236,S20
H:ブッパ
B:余り
S:4振り61族抜き
龍の一貫切る上で必要になったりメガヤミラミの対策になったり流行りのガルクレセサザンに対して出していく駒。

ゲンガーがいる場合には選出を控えるのが基本です。
刺さってる相手には積極的に出して行って全抜き狙いに行きます。

 

ガルーラ(陽気)@ガルーラナイト
メガ進化前特性:肝っ玉 メガ進化後特性:親子愛
技構成:秘密の力,地震,岩雪崩,グロウパンチ
実数値:181‐147‐100‐×‐100‐156
メガ進化後の実数値:181‐177‐120‐×‐120‐167
配分:H4,A252,S252
ボルトやヤミラミから繋いで全抜き狙いに行ったり秘密の3割麻痺によりゴーリやピクシーのサポートをする枠。
Aブッパしても対して変わらないため配分はDL対策した方がいいと思います。
後、不意欲しい場面が意外にあるので地震を不意に変えるのも選択肢です。

全抜き要員と言うよりゴーリやピクシーのサポートで出すパターンが多いです。

ガルをエースに選出する場合はボルトメタモンガル選出が基本。

 

ヤミラミ(図太い)@ヤミラミナイト
メガ進化前特性:悪戯心 メガ進化後特性:マジックミラー
技構成:バークアウト,鬼火,瞑想,自己再生
実数値:157‐×‐119‐85‐104‐70
メガ進化後の実数値:157‐×‐174‐105‐154‐40
配分:H252,B108,D148
H:ブッパ
B:補正有り特化マリのじゃれつく確定耐え(84%〜99.3%)
D:補正無しC252振りメガゲンのシャドボ、補正有り特化ガルドのシャドボ確3(42%〜49.6%)

このPTにおける重要な役割を持つポケモン

ガルクレセガモスみたいな並びはヤミラミを上手く使いこなすことが重要です。

ヤミガル対面はガモス引き兼メガなし空元気を警戒して瞑想から入る動きをしましょう。

 

今期はCDG4やカバガル辺りが動きにくいシーズンだったのとガルクレセガモスみたいな並びが増えたことからこのPTにとっては非常にやりやすい環境であり多くのイージーウィンをしました。

また対面厨パに入ってる馬車の炎技もフレドラではなく放射が多い傾向になり、ヤミラミで馬車に勝てることも多くなったためVS対面厨パも比較的やりやすかったです。(剣舞フレドラあると困るのでヤミラミ投げた場合は裏にメタモンを置いてました。)

シーズン13にて同じ構築を使用してそこである程度詳しくは書いてしまったので書いてほしいことを募集しましたが特になかったため少し内容が薄いですがこれで終わりにしたいと思います。

最後まで見て頂きありがとうございました!

この構築に関しての質問は受け付けていますのでありましたらお気軽にコメント欄にてお願いします。