読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるポケモントレーナーのブログ

ポケモンのレートや大会で使用した構築記事や育成案が中心

【ΩRαS】シーズン12使用構築(中盤) ボルトランド式対面構築

シーズン中盤のみ使用してレートが伸び悩んでたことから切ってしまったため最高レートは2034となっていますが叩き台として晒したいと思います。
使用PTは以下の通りです。
f:id:mumei_pk:20151117184753p:image
構築のコンセプトとしては霊獣ランドやカイリューで物理受けを破壊してメガガルで抜き去ると言った形です。
以下、個別解説。
 化身ボルトロス(穏やか)@お盆の実 特性:悪戯心
技構成:10万ボルト,気合玉,電磁波,悪巧み
実数値:185-×-91-147-139-135 
個体値31-×-30-31-31-31 めざ氷個体
配分:H244,B8,C12,D212,S28 ※余り4
H:4n+1(お盆回復量46)
B:無補正メガガルの親子愛捨て身お盆混み最大乱数以外耐え
C:C4↑気合玉で無振りライコウ確1
D:特化リザYの晴れ文字耐え、無補正C252サンダーの眼鏡10万お盆込み2耐え
S:最速70属抜き
穏やか5V個体が見つからなかったのでめざ氷個体で使用していました。
S10,11でも使用していた穏やか悪巧みボルト。
マンムーが更に増加してたので気合玉は外せない技でしたが火力が足らなかったのでCにもっと割いてもいいと感じたりしましたが相変わらずの強さでした。

霊獣ランドロス(意地っ張り)@ヤチェの実 特性:威嚇
技構成:地震,ストーンエッジ,大爆発,剣の舞
実数値:165-216-111-×-106-137
配分:H4,A252,B4,D44,S204
H:余り
A:ブッパ
B:A↑1特化メガクチの不意最高乱数意外耐え(84.8%〜100%)
D:特化霊ボルトの眼鏡めざ氷ヤチェ込み確定耐え(83.6%〜99.3%)
S:70族抜き抜き抜き(実数値137)
こいつを使いたいために周りを固めたのですが物理受け破壊要員なので取り敢えず影のエースとして頑張ってもらいました
エッジを採用している理由は舞雪崩ではサンダーが落ちず、舞エッジなら落とせるのでエッジ採用。
舞爆発で特化カバや特化スイクンが確1。
特化クレセも乱1 68.8%で飛ばせたりします。
そいつらを誘いながら飛ばしたりライコウ(ライボ)ランドを破壊したりしていました。
ヤチェの実を持した理由としてはクレセの冷Bを食らってもヤチェで耐えるので堂々と舞を選択出来たりするからです。
C4振り凍風でもヤチェ発動→凍風で最大ダメ150なので落ちない点も大きいです。
後はサンダーやボルト,ライコウのめざ氷をヤチェで耐えて返しの攻撃で返り討ちにさせたりと言う利点もあります。

ガルーラ(陽気)@ガルーラナイト
メガ進化前特性:肝っ玉 メガ進化後特性:親子愛
技構成:捨て身タックル,地震,冷凍パンチ,猫騙
実数値:181‐147‐100‐×‐100‐156
メガ進化後の実数値:181‐177‐120‐×‐120‐167
配分:H4,A252,S252
物理受けを破壊した後にお掃除してもらう役。
ゴツメや物理受けは他で破壊する前提なので陽気最速でガルミラーに強くして技構成はテンプレで幅広く相手出来る形にしました。
しかしガルミラーで負けたりと仕事を全くしてくれなかったのでこのガルーラは強いと感じませんでした。

ゲンガー(臆病)@ゲンガナイト
メガ進化前の特性:浮遊 メガ進化後の特性:影踏み
技構成:シャドーボール,気合玉,挑発,道連れ
実数値:135-×-81-182-95-178
メガ進化後の実数値135-×-101-222-115-200
配分:B4,C252,S252
受けルに対する回答がなかったのとガルに薄かったのでいつものゲンガーを採用しました。
ゲンガーの汎用性の高さを改めて感じました。

カイリュー(意地っ張り)@拘り鉢巻 特性:マルチスケイル
技構成:逆鱗,地震,神速,炎のパンチ
実数値:191-204-115-×-120-108
配分:H196,A252,S60
H:余り
A:ブッパ
S:4振り86族抜き
よくいる鉢巻カイリュー。 物理受け破壊要員第2弾。
炎Pはハッサムが非常に重たいので採用しました。
1:1で引き換えすることが大多数でした。

ギルガルド(意地っ張り)@弱点保険 特性:バトルスイッチ
技構成:アイアンヘッド,影打ち,剣の舞,キングシールド
実数値
167-110-170-×-170-83 シールドフォルム
167-220-70-×-70-83 ブレードフォルム
配分:H252,A236,S20
H:ブッパ
A:余り
S:4振り61属抜き
上記5体だとフェアリーや龍、氷の一環が良すぎるため採用されました。
フェアリー,氷,龍に強くするためにアイへをメインウェポン。
舞採用は物理受けを破壊したり全抜きしに行ったりと言った感じです。
メガガルとかをワンパンさせつつ裏削ったり対面を強く意識するために保険を持たせました。
構築全体でマンムーが重かったり速いスイクンなどが辛くそれらの個体は数を一気に増やしてたので構築段階で失敗した部分があるのを感じられたので叩き台と言った形になりました。
簡単ですが以上でシーズン12使用構築(中盤)を終わりにしたいと思います。
最後まで見て頂きありがとうございました!